スポンサーリンク

ワルツ第6番変ニ長調作品64-1「子犬のワルツ」

ワルツ第6番変ニ長調作品64-1(子犬のワルツ)は、ショパンの恋人ジョルジュ・サンドが飼っていた子犬が自分の尻尾を追ってぐるぐる回る習慣をもっており、サンドがショパンにそれを音楽で描写してほしいと頼んだことから即興的に作曲されたものと言われています。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)