スポンサーリンク

倫理観を問う! 先天性奇形を持った子犬を繁殖し続けたブリーダー

アメリカには望ましくない環境で子犬を繁殖させる「パピーミル」の他に、民間人が裏庭で子犬を繁殖させる「バックヤードブリーダー」(裏庭繁殖家)がいて、どちらも問題として取り上げられることがあります。今回ご紹介するのは、先天性奇形の可能性が高いと知りながら、子犬を繁殖し続けたとあるバックヤード・ブリーダーのお話です。
チャンネル登録はこちら→https://goo.gl/cUgUX4

引用元

倫理観を問う! 先天性奇形を持った子犬を繁殖し続けたブリーダー

Amazonは毎日がSele!!
https://amzn.to/2SnlN82

Fire 7 タブレット (7インチディスプレイ) 8GB
https://amzn.to/2FtK1aD

感動のCMで人気のたてがみ!
https://amzn.to/2GKjLFb
アマゾンアソシエイトリンクを使用しています。

お勧め動画

「醜い顔をしているから引き取り手は見つからないだろう」という理由で殺処分扱いになった悲惨すぎる犬

虐待を受け骨と皮だけのガリガリで全身血まみれの状態でさ迷っている1匹の犬を救助

【衝撃】信じられない!動物の味方である獣医師が一頭の犬を衰弱させたその理由とは・・

事故で失明し飼い主に見捨てられた悲惨な犬。保護してくれた女性の元で元気に駆け回る姿に泣ける

ボコボコに殴られ虐待され顔が押し潰され舌を出すことさえできないほど顔が変形した犬。安楽死寸前で救われた命

車に引きずられ体が麻痺した生後7か月の子犬は溝にはまり雪が降り積もったため誰にも気づかれない事態に!

#犬#ブリーダー#奇形

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)