スポンサーリンク

少女の連れてきた子猫は生きているのが不思議なほど酷い怪我をした猫だった

いつもオッドアイの白猫を散歩に連れてくる村の少女が
ビニール袋に入った子猫を抱いてやってきました。
「可哀そうな猫」だと言うので地面に置いて開けてみると
驚きました。生きているのが不思議ほど下腹部を
損傷した猫だったのです・・・

二本の足が互い違いによじれて腹部までタイヤの跡らしき
痕跡が付いていました。

村でパイナップルの収穫が行われていたらしく、収穫物を
搬出に来たトラックに轢かれてしまったそうです。

顔だけ見ると怪我が気づかないくらい元気に見えるのですが、
両脚の損傷がひどく足はピクリとも動きません。
腹部にも跡があるので排泄機能に及んでいなければいいなと
思っています。

とりあえず、現在山小屋で高栄養なものを与えて家畜用の
抗生剤を飲ませてます。(スッポンは現在全く入手できま
せん)

親がいるかどうかは分からないんですけど、お腹は一杯で
ヒゲもピンと張り顔も綺麗です。誰かが面倒は見ていたん
だと思います。

※動画投稿時点ですが、タマを取って遊び始めるほど安定
しています。

前回のコメント拝見しました。ご心配頂きありがとう
ございます。
抗体を飲むとか売るとか意表を突いたご意見ですね。
覚えておけばもしもの時に役に立つ時が来るかもと思いました。

頻尿で夜中に何度も用を足すのですが、(勿論ジャングル
の木陰で)その度に噛まれたらオシマイだなと思っています。
噛む所が悪ければ吸ってもらう事も困難でしょう・・・

いつもコメント頂く閲覧者様に感謝申し上げます。
m(_ _)m

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)