スポンサーリンク

子犬のワルツプチJazz☆ Valse du Petit Chien ピアノアレンジ

ワルツ第6番 変ニ長調 作品64-1 は、フレデリック・ショパンが作曲したピアノ独奏のためワルツで、晩年の1846年から1848年にかけての作品である。デルフィーヌ・ポトツカ伯爵夫人にささげられたこの曲は『小犬のワルツ』(こいぬのワルツ、仏:Valse du Petit Chien)の通称で知られている(wikipediaより)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)