スポンサーリンク

「クマ対策犬」に子犬誕生 長野県軽井沢町

人里に近づくクマを追い返すベアドッグ(クマ対策犬)の育成に取り組んでいる長野県軽井沢町のNPO法人ピッキオが5月16日、2018年の春に生まれた子犬6頭を報道用に公開した。ベアドッグはフィンランドとロシアの国境地帯が原産のカレリア犬に特殊な訓練を施した犬で、母親のタマ(4歳)は3年前に米国から来日。別荘地などに出没するツキノワグマ対策に活躍している。18年1月に繁殖のために米国から迎えた雄とペアリングして、3月末~4月初めに雌5頭と雄1頭が生まれた。ピッキオによると、国内での繁殖は初めてという。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)